えあーKの全国食べ歩きと日常(主にラーメン )

わたくしの食べ歩きや趣味についてマイペースに書いていこうと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

春紀@新潟県柏崎市

先ほどの「麦麦ベイク」のすぐ近く!


春紀

DSCN8093haruki.jpg

DSCN8113haruki (1)

新潟屈指の人気ラーメン店で、もう来ないかと思っていましたが、あっさり再訪問。笑


10時前に来た二番目のお客さんが気さくな兄さんで、新潟のラーメン情報を色々教えていただきました(^^)

その後にも並んだ春紀の常連の皆さんとラーメントークをしましたが、皆さんから相変わらず新潟ラーメン愛を感じました。

皆さん元気ですか~??笑



お店は右手に厨房とそれを囲むカウンター席が4席あり、左手の座敷には四席×三卓が。


常連のお客さんが順番を後回しにしてまで集まるカウンター席はこんな感じ。

DSCN8113haruki (6)


店主氏の仲の良いお店のショップカードが貼られています。

DSCN8113haruki (7)


メニュー。

DSCN8113haruki (9)

DSCN8113haruki (10)

この「メギスらーめん」が水曜、土曜に10杯限定の春紀の看板ラーメン。


ちなみに「メギス」とは正式名称は「ニギス」と言い、目の大きなトンガった25センチ前後の深海魚。

ほとんどが干物にされ、鮮魚では水揚げされる地域以外は珍しい魚ですが上越地方ではメジャーみたいです。

たしかここのメギスは鮮魚を自家製で焼き干しにして使用しています。





メギスらーめん」800円

DSCN8113haruki (2)

スープは豚や鶏を使用しない魚介のみの塩スープ。

これは凄い。

魚のみとは思えない出汁の厚みとインパクト。これがメギスなのか。

DSCN8113haruki (11)

動物系不使用のラーメンはごまんとありますが、ここまでボディの厚みを味わえるスープは初体験。

力強いがエグみやクセはなく、出汁感も繊細ではなく力強い。

塩分のバランスの取り方も非常に良くタレの使い方が絶妙。 間違いなく春紀の真骨頂。


麺は中太の平打ちちぢれ。

DSCN8113haruki (4)

ツルっとした食感で、噛めばモッチリ。

小麦の風味も良い麺です。


トッピングはチャーシュー、煮玉子、三つ葉。

チャーシューはこんな感じ。

DSCN8113haruki (8)

分厚いチャーシューは肉の弾力が心地よく、味付けもスープとマッチ。

前回同様の美味いチャーシュー。



甘エビペースト」100円

DSCN8113haruki (5)

これは甘エビを凝縮した様なペースト。

DSCN8113haruki (12)

ラーメンに投入すると、甘みと旨味が増すが、甘エビに味が支配されるので初訪問ではなく二回目、三回目に注文するのが良いだろう。



素晴らしいラーメン。

これは関西のラーメンフリークには是非食べてもらいたい。

メギス以外も塩や味噌も勿論オススメですよ。






春紀
住所 新潟県柏崎市高柳町山中3644-1
最寄り駅 なし
TEL 非公開
営業時間 11:30~15:00(売切れ次第終了)
定休日 月曜日 火曜日
駐車場 お店の前か近くの公民館に停めるみたいですが、山の中の為みなさん横の道に路駐しています。
  1. 2016/02/14(日) 18:00:00|
  2. 新潟県(ラーメン)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中華のカトウ@新潟県新潟市

二日目の朝、バスに乗らないと行けない状態ですが、朝ラーをしなくてはいけない。

なんと新潟駅から徒歩圏内!!

新潟駅から真っ直ぐ歩き橋を超え、ちょっとしたら左(雑な言い方やな。笑)。

めっちゃ早歩きで15分くらいだと。



中華のカトウ

DSCN9677kato.jpg

お店はレトロな雰囲気でそそります。

新潟の朝ラーはここ!って言う感じのお店で朝七時からの営業は嬉しいな。



メニューは超シンプル(チャーシュー麺もあります)。

DSCN9679kato.jpg



中華そば」450円

DSCN9680kato.jpg

透き通ったスープは煮干や鰹のさっぱり和風出汁スープ。

動物系は使用しているとは思いますが、魚主体のクリアなスープは絹さやが合う。

塩分はそこそこありますが、生のタマネギがさっぱり感をプラスしています。


麺は厚みの薄い平打ちのピラピラ麺。

DSCN9682kato.jpg

やわらかめながら、心地よい啜り心地でさっぱりスープとの相性を狙ったかの様な麺。


トッピングはチャーシュー、絹さや、メンマ、なると、タマネギ。

チャーシューはこんな感じ。

DSCN9684kato.jpg


ゴッテリ感がなく、まさに朝に食べたくなる様なラーメン。

他にも朝から営業しているお店があるので新潟中心部では朝ラーを楽しめますよ♪


バスで次の場所へ!

DSCN9685kato.jpg




中華 カトウ
住所 新潟県新潟市中央区東堀通6番町1045
最寄り駅 JR新潟駅
TEL 025-228-9481
営業時間 7:00~12:30(売り切れ次第)
定休日 水曜・第2木曜
駐車場 なし
  1. 2014/04/15(火) 12:00:00|
  2. 新潟県(ラーメン)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こまどり@新潟県新潟市

新潟四大ラーメンのひとつ「濃厚味噌」の発祥と言われるお店。


こまどり

DSCN9671komadori.jpg


大型駐車場&席数もカウンターや座敷があったりで広い店内!

入口で案内されるのを待っていたらどうどうと順番抜かしされる。汗
(新潟に来てからこんなん多いです…。)

中華料理屋さん(餃子の王将)みたいな雰囲気。

メニュー。

DSCN9660komadori.jpg



みそラーメン」714円

DSCN9663komadori.jpg

割りスープが一緒に提供されるのがこちらのラーメンの特徴。


DSCN9664komadori.jpg

スープは豚骨ベースの赤味噌に野菜がたっぷり。

DSCN9677komadori.jpg

サラっとしたスープはベースの旨味が物足りなく、味噌の濃さは「濃厚」と言うほどではく味噌汁くらいの濃さ。
(まぁ、名前でハードルもだいぶ上がってましたが。)

濃厚な味噌と言えば「味の大西@鹿児島」が強烈やったから余計そう感じます。

これはこれで良いのですが、ベースか味噌のパンチが欲しかったです。

割りスープは魚系で、割ったら薄くなりました。爆

DSCN9666komadori.jpg


自家製の麺は中太のちょいちぢれ。

DSCN9668komadori.jpg

柔らかめなモチモチ麺。

麺線がエラい短いなぁ。


トッピングは豚ミンチ、もやし、キャベツ。



この後、三条カレーラーメンの「東京亭」に行き、看板だけ発見するも、店主さんが病気で閉店。

DSCN9672komadori.jpg

もうひとつのお店なんか電話で営業確認してから行ったのに閉まってると言う。怒


まぁ、こういうのも後で思い出したら良い思い出です。


まだまだ行きたいお店があるのでまた新潟に行こう♪

DSCN9674komadori.jpg

今回の相方(燃費の良い優秀なやつでした♪)

DSCN9673komadori.jpg



こまどり
住所 新潟県新潟市西蒲区竹野町2454-1
最寄り駅 JR越後線 巻駅
TEL 0256-72-2827
営業時間 [月〜金]11:00~14:30 16:30~21:30
[土・祝]11:00~21:00
[日]11:00~19:00
定休日 無休(臨時休業有)
駐車場 あり
ホームページ http://www.komadori.org/
  1. 2014/04/14(月) 12:00:00|
  2. 新潟県(ラーメン)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

杭州飯店@新潟県燕市

こちらは新潟四大ラーメンでも一番メジャーな「燕三条系ラーメン」「燕系ラーメン」の代表格。

新潟で一番訪問してみたかったお店。

全国的な知名度で関西ラーメンフリークにもお馴染みの名前。


杭州飯店

DSCN9631koushu.jpg

お店的には食堂みたいな雰囲気。

DSCN9634koushu.jpg

創業は40年くらいだったかな?

たしか「福来亭」からの派生です。


メニュー。

DSCN9633koushu.jpg


まずは

半ギョーザ」400円

DSCN9635koushu.jpg

デカっ!笑

モッチリした皮が特徴的でサイズは拳くらい。笑
(燕市=大きい餃子 ではなく杭州飯店の餃子が大きいだけです。)




中華そば」750円

DSCN9637koushu.jpg

うほっ~!

スープから麺が出てる!笑

スープは豚骨×煮干で一口目から煮干の風味が。

少し臭さを残した煮干と強めの醤油、そこに背脂の甘みが。

DSCN9639koushu.jpg

しかし見た目ほどドギツくなく、さっぱり。

生タマネギがまた合うね~。


麺は極太の平打ち。

DSCN9640koushu.jpg

ランダムな厚みが面白い。

モッチリですが独特な食感で。どん兵衛の麺を少し硬茹でした感じ。笑

麺量は270gと連食殺しです。笑


トッピングはチャーシュー、メンマ、生タマネギ。

チャーシューはしっかりしたタイプ。

DSCN9641koushu.jpg


想像していたイメージとは違いましたが、強烈なインパクトは感じましたね。

燕三条と言っても、色々なスタイルがあるらしいので次回はこの辺りを掘り下げたいです。





ラーメンで魚(煮干)を食べた後は「マリンピア日本海」で魚を。笑

DSCN9658marinpia.jpg

DSCN9651marinpia.jpg

DSCN9643marinpia.jpg

DSCN9647marinpia.jpg

DSCN9648marinpia.jpg

DSCN9653marinpia.jpg

DSCN9657marinpia.jpg


この景色は一生忘れない思い出になるんやろなぁ~。

DSCN9659marinpia.jpg



杭州飯店
住所 新潟県燕市燕49-4
最寄り駅 JR弥彦線 西燕駅
TEL 0256-64-3770
営業時間 11:00〜15:00 17:00〜20:20LO
[土・日・祝]11:00〜20:00LO(売切れ次第終了)
定休日 月曜(祝日の場合は翌日休み、他に月1回だけ月・火連休になることあり)
駐車場 あり
  1. 2014/04/13(日) 12:00:00|
  2. 新潟県(ラーメン)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

青島食堂 曲新町店@新潟県長岡市

先ほどの「いち井」から自動車で五分以内。近い。

新潟四大ラーメンのひとつ「長岡生姜醤油」の代表格のお店。



青島食堂 曲新町店

DSCN9619aosima.jpg

他にも東京の秋葉原や、新潟県内に何店舗かありますが、本店扱いはこちらです。


券売機。

DSCN9621aosima.jpg

最新のタッチパネル式に驚きを隠せない。


入店してまず目に付くのはドテカイ鍋!

中華鍋を巨大にした様な形で、余裕でお風呂に出来るくらいのサイズ。笑

何に使うのかな?と思えば麺を茹でてはる!

凄いこだわりだが、必要なのか!?笑




青島ラーメン」700円(175g!!)

DSCN9622aosima.jpg

スープは豚骨ベースの清湯スープ。

DSCN9624aosima.jpg

濃い色とは裏腹に、さっぱりと食べやすいスープ。

醤油のすっきりとした濃さに生姜が優しく効いている。

油分が少なくタレ(醤油)が強めだが生姜が上手いことカバーして食べやすいラーメン。


先ほどの巨大な釜で麺を茹でるのを見ていれば、無駄な動きはなく平ザルでチャッチャとあげ、素早く丼に投入→すぐに提供と、これはこだわりがありそう。


自家製の麺は中細ストレート。

DSCN9625aosima.jpg

ムニっとした弾力があり、一見ソフトかと思える中に弾力もあるこの食感は好み。

ツルっとしたなめらかさも◎


トッピングはチャーシュー、メンマ、なると、ねぎ、ほうれん草、海苔。

チャーシューは薄切りのものが。

DSCN9628aosima.jpg

柔らかいタイプで個人的に好きなチャーシュー。

増しもありだね(^^)



「生姜醤油」と聞いた時は、バリバリに生姜が効いた物かと思ってましたが、なかなかバランスの良いラーメンで、良い意味で裏切られました。

ちなみに「ヒグマ」など、生姜がバリバリに効いた長岡生姜醤油もたくさんあるらしいです。




青島食堂 曲新町店
住所 新潟県長岡市曲新町3-12-22
最寄り駅 JR宮内駅
TEL 0258-36-1253
営業時間 11:00~20:00
定休日 第3木曜日
駐車場 お店の前にあり
ホームページ http://www.aoshima-ramen.co.jp/

  1. 2014/04/12(土) 12:00:00|
  2. 新潟県(ラーメン)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。