FC2ブログ

えあーKの全国食べ歩きと日常(主にラーメン )

わたくしの食べ歩きや趣味についてマイペースに書いていこうと思っています。

梅乃家@千葉県富津市竹岡

今回の旅で特に行きたかったラーメン屋さんのひとつ。(もうひとつはアリラ…)

房総半島までドライブ。

DSCN0244umenoya.jpg

千葉県の南側は地ラーメンの宝庫なんですよ。

その中でもラーメンフリークの心を掴んで離さない地ラーメン「竹岡式」。



昭和29年創業。竹岡式ラーメンの発祥のお店はココ!




梅乃家

DSCN0247umenoya.jpg

DSCN0245umenoya.jpg

DSCN0248umenoya.jpg

DSCN0264umenoya.jpg

朝七時前到着でダントツポール。笑

はっきり言って田舎なので回りに何もない。最寄りのコンビニまで3.5キロだ。笑

しかし海沿いのノホホンとした雰囲気は漁師の町って感じ。



誰も来ないので駐車場で待っていたら、30分前にお店の前に路駐したおっさんにポールを奪われる。汗

DSCN0249umenoya.jpg



ちなみに「竹岡式」ラーメンの説明をすると、スープはチャーシューを炊いた煮汁(醤油濃い目)にお湯を足す。のみ。笑
(醤油は宮醤油)

しかも麺は乾麺を使用!(都一株式会社製)

インスタントでよくある四角いやつね。笑
(乾麺ではない竹岡式もあるので定義には入らない。)

「お湯割り系」と称される事もあるラーメン。

この常識を覆す「竹岡式」を食べるのが初体験の私は正直想像もつかない。

ちなみに地元民は竹岡式とは言わないみたい。




店員さんはおばちゃんのみ。おばちゃんと言っても厨房の中での手さばきは職人そのもの。

厨房の真ん中にある寸胴に沸いたお湯が入ってあり、これが「スープ」になる訳。

DSCN0254umenoya.jpg

ちなみにこちらはガス火。



お湯の沸いたデカい銀色のボールに四角い乾麺が山盛り放り込まれる!

火種は何故か七輪!

上のは麺がお湯から少しでてるぞ!

たまに麺を半分に割って入れてるぞ!

麺量はどうやって分けるのだ!?


と、言った心配を裏腹におばちゃんはドンドン調理を進める。

とか言いながらそれを眺める私の目はキラキラ輝いていただろう。

何故なら、この調理を観れた事に感動したからだ!





メニュー。

DSCN0251umenoya.jpg






ラーメン+やくみ」700円+50円

DSCN0255umenoya.jpg

DSCN0256umenoya.jpg

お、お、お。。。

これが竹岡式…。

黒いスープは醤油ベースのチャーシューの煮汁+お湯。そこに刻んだタマネギが。

DSCN0260umenoya.jpg

流石に醤油汁的なシンプルな味で頼りないが。。。

なかなか旨い。笑


肉厚なバラ肉チャーシューは醤油辛さを良い感じに感じる。

DSCN0263umenoya.jpg

ムッチリした肉質で脂身がまた旨いわ~。


このチャーシューの絶妙な醤油辛さと麺のコンボがヤヴァイ~。

デフォルトで五枚入っていたのでチャーシュー麺にすればエラい事になるのは容易に想像できる。


麺は中細のちぢれ。

DSCN0261umenoya.jpg

さすがに頼りない麺ですが、乾麺独特の食感を感じる。(最近のエエ乾麺ちゃいます)

私は乾麺が嫌いではなくむしろ親しみがあるのですが「絶対に生麺」な人には合わないかもしれない。


トッピングはチャーシュー、メンマ、海苔、タマネギ(増し)。

タマネギは多過ぎた様で、後半は味のバランスが崩れてきたのでこの辺りは好によるだろう。



先輩ラヲタさんが「究極の引き算ラーメン(と言うか一桁の足し算かな)」とおっしゃっていたのですがまさにその通り!

色々なものを入れ過ぎて、ピンぼけした食材自慢ラーメンに私もゲンナリしていたところ、まさに原点に帰る様なラーメン。


全国47都道府県の色々なラーメン屋さんに行きましたが、お店の雰囲気に感動したのはここ「梅乃屋」と山形の「琴平荘」のみ!


また行きたいなぁ。最高ですね~♪




梅乃家
住所 千葉県富津市竹岡401
最寄り駅 JR内房線竹岡駅(遠いです)
TEL 0439-67-0920
営業時間 10:00~19:00(L.O)(チャーシューが売切れ次第終了。)
定休日 火曜
(6月~9月は月曜火曜。月曜が祝日の場合は、火曜水曜)
駐車場 お店の前の道を入った所にあり
  1. 2014/07/17(木) 11:50:00|
  2. 千葉県(ラーメン)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

むさし野@千葉県松戸市

とみ田」→「兎に角」→「福一」→「青山」→「鶏の骨」→「Clover」の後は食べログ千葉県一位(当時)のお店に。

しかし今日はなんて豪華な連食だ。笑



むさし野

DSCN0235musasino.jpg

駅からは離れている場所で、ポツンとお店が。

周辺に駐車場が見当たらないのがツラいところ。


店内は小料理屋さんの様な雰囲気で落ち着いた感じ。


メニュー。

DSCN0236musasino.jpg

しかし「季節のご飯が」売り切れ。おいおいおいおい。

売り切れで動揺する私に店員さんが注文を聞きにきたので

「何がオススメですか?」と聞くと

「全部です。人の好みは解りませんので。」

と、突き放される。。。



中華そば」750円

DSCN0237musasino.jpg

スープは動物系+煮干。

和風スープは昆布の効いたクリアなもの。

DSCN0241musasino.jpg

出汁がグググと感じるスープで麺との相性も良いのですが、ラーメン単体で食べるのならまったりとしたスープなのでインパクト、キレが欲しいところ。


麺は中細の平打ちちぢれ。

DSCN0242musasino.jpg

白河チックなビラビラ麺。

手切りかな?

ツルツルとしながらもちぢれの食感が面白い良い麺。


トッピングはチャーシュー、なると、メンマ、ほうれん草、白ネギ、海苔。

チャーシューはこんな感じ。

DSCN0243musasino.jpg


期待が高過ぎたか、正直ラーメンだけでは物足りない。


季節のご飯、食べたかったな~。




ちなみに、今回の旅の相方。

DSCN0250musasino.jpg

何故かやたら派手な黄金虫の様な、いやっ、仮面ライダーの様な車。笑

ヨロシク頼むよ~(^^)





むさし野
住所 千葉県松戸市松戸新田133-4
最寄り駅 上本郷駅
TEL 非公開
営業時間 18:00~23:00
定休日 日曜日
駐車場 なし
  1. 2014/07/16(水) 12:00:00|
  2. 千葉県(ラーメン)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Clover@千葉県成田市

とみ田」→「兎に角」→「福一」→「青山」→「鶏の骨」の次は、近くの人気店のこちら!



Clover

DSCN0227clover.jpg

店主さんは「九段斑鳩」出身で、なんと元ラヲタ

やはりラーメンは、かなり詳しいです。


お店は木を基調としたモダンな雰囲気で、クローバーの柄がちょいちょい目に入る可愛いお店。

ラーメン本なんかも置いてあり、何時間でもくつろげるな~。


券売機。

DSCN0228clover.jpg


こちらのお店は「地産地消」を千葉とかけた「千産千消」と言って、千葉の食材に拘るコンセプト。




醤油らあめん」680円

DSCN0229clover.jpg

鶏ベースの淡麗系。

深いボディの味わいと香ばしい油が良いマッチング。

解り易い作りながら、バランスが良くしっかりした飽きのこないさっぱり醤油スープは関東の淡麗系が苦手な私にも好感!


麺は中細のストレート。

DSCN0231clover.jpg

パッツンとした麺で、風味も良い。


トッピングはチャーシュー、牛蒡、ねぎ、かいわれ、海苔。

チャーシューはレアな仕上がり。

DSCN0233clover.jpg

噛み応えのある肉質。旨味も抜けていなく、各パーツ共に抜け目なし。


こちらの特徴でもあるゴボウ。

DSCN0232clover.jpg

柔らかく、僅かにある食感がアクセントに。


店主さんは気さくな兄さんで、関東のラーメンを色々教えてもらいました。

今度はゆっくりしたいなぁ。





クローバー
住所 千葉県成田市花崎町766-2
最寄り駅 京成成田駅
TEL 0476-22-9683
営業時間
平日、土、祝日 11:30~14:00 18:00~22:30(売り切れ次第終了)
日曜 11:30~15:00~売り切れまで
定休日 水曜日
駐車場 隣にあり
  1. 2014/07/15(火) 11:50:00|
  2. 千葉県(ラーメン)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鶏の骨@千葉県成田市

とみ田」→「兎に角」→「福一」→「青山」の次は関西で話題のこちら。

と言うか漫喫でゆっくりし過ぎて開店時間の少し前に行けば15人の行列…。笑




鶏の骨

DSCN0374torinohone.jpg

DSCN0373torinohone.jpg

先ほどの「麺や 福一」が土曜日の夜だけ屋号を変えて営業する濃度鶏白湯のお店。

屋号の由来は勿論「豚の骨@奈良」リスペクト!

関西人なら絶対抑えておきたいお店のひとつです。



券売機。

DSCN0375torinohone.jpg



あっ、麺は京都のていがく製なのね。

DSCN0376torinohone.jpg




鶏の骨ラーメン」700円

DSCN0220torinohone.jpg

ドロッとしたスープは「福一」の更に濃厚バージョン。

DSCN0223torinohone.jpg

良くも悪くも鶏が強い。

どちらかと言えばこちらは肉より骨っぽい印象。

鶏の旨味も増しているが、雑味も強く感じるワイルドなスープ。


麺は極細ストレート。

DSCN0224torinohone.jpg

低加水の博多ラーメンの様な麺。

これはあまり食べない組み合わせですが、個人的には少し違和感がある。


トッピングは鶏チャーシュー、きくらげ、ねぎ、海苔。

チャーシューはしっとりとしたレアなものが。

DSCN0225torinohone.jpg


挑戦を感じる面白いラーメン。

「福一」「鶏の骨」は、関西から千葉に行く気合いがあるラヲタは是非。





鶏の骨
住所 千葉県成田市花崎町846-15(福一の店舗)
最寄り駅 JR成田駅
TEL 0476-22-1978
営業時間 土曜日18:30~21:00(売り切れ次第終了)
定休日 土曜夜以外全て
駐車場 あり
  1. 2014/07/14(月) 11:50:00|
  2. 千葉県(ラーメン)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

麺屋 青山@千葉県富里市

とみ田」→「兎に角」→「福一」の次はまたもや有名店



麺屋 青山

DSCN0366aoyama.jpg

成田駅から歩いて20分弱の住宅街にしれーとあります。

でも成田市じゃないのね。(今気付いた…。)


こちらも「茨城大勝軒」「麺屋 こうじ」出身。

「麺屋 青山」セカンドブランドの「らーめん どてちん」や「濃厚らーめん ガツリ」「成田大勝軒」「普賢象」を含めれば、今や12店舗も店舗展開する大所帯。

しかももうすぐ香港に出店すると言う勢いのあるお店。


券売機。

DSCN0367aoyama.jpg


スープを選べると言う珍しいシステム。

DSCN0368aoyama.jpg

ここはシンプルに「豚骨醤油」でいきます。



らーめん」680円

DSCN0369aoyama.jpg

トロっとした粘度のスープは濃厚。

DSCN0370aoyama.jpg

濃度は高いですが、クセがなくなめらかなスープは舌触りが良く食べ易い。けど、濃い。

カエシのバランスも良いわ~。


自家製の麺は中太ストレート。

DSCN0371aoyama.jpg

歯切れの良い麺。良い感じに弾力もあり、スープとの相性良し◎


トッピングはチャーシュー、半煮玉子、メンマ、白髪ねぎ、海苔。

チャーシューは炙りの入れたものが。

DSCN0372aoyama.jpg

肉の旨味を感じられ、脂身がまた良い。


いや~、こってりで重いけど良いラーメン!

さすがにお腹がいっぱいなので通り道の漫画喫茶で昼寝して胃を回復させました~。



麺屋 青山
住所 千葉県富里市日吉台2-19-11 高橋ビル 1F
最寄り駅 京成成田駅
TEL 0476-91-0808
営業時間 11:00~23:00
定休日 無休
駐車場 お店の並びと、道を挟んだ前にあり
ホームページ http://m-aoyama.co.jp/
  1. 2014/07/13(日) 11:50:00|
  2. 千葉県(ラーメン)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ